大判小判古銭がざっくざく!

大判小判金貨銀貨記念硬貨等の値打ち

古銭を収集するのは楽しみのひとつで、はまるといろんな種類のものを集めたくなります。そこで古銭にはどのようなものがあり、どれほどの価格で取引されてるのか参考までに紹介してみます。古銭といってもお札、硬貨、コイン、メダルなど様々です。まず大判小判では豊臣家が鋳造した天正大判が高額で取引されています。中でも天正菱大判金は非常に値打ちがあり、七千万円もの価格がついています。慶長小判金の江戸座で千六百万ぐらいで取引されています。このあたりの時代の古銭はなかなかお目にかかることはできませんが、明治時代から大正時代にかけて発行された貨幣は粘り強く探せば見つかります。そのうち明治10年の 旧十円金貨は高く、九百万円の値段がついています。明治10年の旧20円金貨はさらに高く千五百万円にもなります。また明治13年の竜50銭銀貨は二百万円で取引されています。記念硬貨では天皇陛下御在位十年記念壱万円金貨が高く、九万八千円の値段がついています。

複数のお店の査定額を比較検討しましょう
なぜ古銭買取は実店舗以外の方法にすると良いか
大判小判金貨銀貨記念硬貨等の値打ち
処分に困ることがある記念メダル
安心出来る古銭買取業者で良かった
出張でも対応をしてくれる買取業者
売るなら専門業者で買うならオークション
貴重は紙幣が見つかった場合の対応
古銭買い取りを実際に利用した感想
古銭買い取りのお店をよく回っています